本文へジャンプ
糖尿病内科


糖尿病とは
糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇し、それ自体が命にかか
わることは少ないのです。放置すると全身の血管に動脈硬化が進むため、様々な臓器への合
併症を引き起こす慢性疾患です。

糖尿病の人って増えているの?

2007年の国民健康・栄養調査によると、糖尿病が強く疑われる人は約890万人、糖尿病の可能性が否定できない人は約1320万人で、合わせると約2210万人が糖尿病に罹っていると推計され、これは成人5人にひとりが糖尿病という計算になり、その増加の勢いは全くとどまる気配がありません。

糖尿病になるとどんな症状が出るのでしょう

通常、早期には自覚症状は全くありません。そのため、きちんと診断されても治療を中断したり放置する人が多いのが問題となっています。
現在、糖尿病の受療率は50%以下、継続治療者は40%にも満たないといわれています。
血糖値が著しく高くなると、のどの渇き、尿が多い、疲れやすい、体重が減るなどの症状が出てきます。
糖尿病は”検査の病気”であり、自覚症状を目安にしてはよいコントロールはできません。

当院では、糖尿病の指標として重要なHbA1c、糖尿病性腎症指標のひとつである尿
中微量アルブミン検査・尿検査、動脈硬化の検査のひとつであるABI、心電図検査も
院内で行っており、受診当日に結果が判明します。

◆以前糖尿病と診断されたが、定期受診はされていない方
◆糖尿病と診断され通院しているが、近くの病院に移りたい方
◆糖尿病と診断されたことはないが不安で検査を希望の方
など、是非どんなことでも気軽に御来院下さい。

インスリン注射について

また、当院ではインスリン外来導入も行なっております。
現時点では、インスリン投与は残念ながら注射しかありません。
注射に抵抗がある方や、注射を始めたら一生やめられなくなるのではないかなど不安も多いかと思いますが、インスリン注射をすると、自分のインスリン生産工場である膵臓を守ることになります。
他院でインスリンが必要と言われたが納得がいかない方、不安な方も是非ご相談ください。